麻疹(はしか)マニュアル

 

麻疹って何?

「はしか」は、よく耳にするけれど、原因や種類までは意外と知られていないのが現状です。麻疹(はしか)はウイルスによって引き起こされる病気で「ましん」とも呼ばれています。麻疹が小児期にかかる代表的な病気ということは知っていますよね?小さい頃に辛い思いをした記憶がある人もいるでしょう。

麻疹の原因

 

麻疹は「はしかウイルス」が原因です。とくに咳やくしゃみなどが喉や鼻から入って人から人へとうつっていきます。また空気によるかんせんも起こります。なので、「はしか」を発症した人と同じ室内にいるだけで、かなり距離が離れていたとしてもうつる可能性があります。10日間くらいの潜伏期間がありますが、この期間、自覚症状はまだ見られません。麻疹のかんせん力はとても強く、かんせんしてしまったら90%以上の人が発症すると言われています。1人発症すると12〜14人の免疫のない人にうつってしまいます。発熱などの症状が出る1日くらい前から、発疹が消えたあと3〜4日はまわりにうつる可能性が高いです。ちなみに、このあいだウイルスのパワーが弱まることはありません。

麻疹の種類

多くの人がかかる麻疹というのは一般的なものです。けれど、この一般的な麻疹のほかにも症状の重さによって、いくつかの種類に分けられます。麻疹にも種類があることを覚えておきましょう。

重症の麻疹

重症の麻疹は2つの種類に分けることができます。1つ目は内攻型(ないこうがた)麻疹。これは普通の経過をしていたにもかかわらず急に発疹が消えて、呼吸困難や「チアノーゼ蒼白」などの気管支肺炎や心不全の症状があらわれます。そうなると数時間以内に命を落としてしまう、とてもキケンなものです。2つ目は出血性麻疹といいます。突然けいれんや意識障害、呼吸困難などが起こって、皮膚には広範囲にわたり出血斑が出ます。よほどでない限り、いずれの麻疹もかかる確率は低いといえますが、万が一、このような症状が見られたときには一刻も早く受診してください。

軽症の麻疹

重症の麻疹とは反対に軽症の麻疹もあります。一般的な「はしか」の症状よりも軽くすむことがあるんですよ。たとえば潜伏期間が長くなったり、熱の出る期間が短かったり、コプリック斑(小さな白い斑点)が出なかったり…。このような症状の軽いものを修飾麻疹(しゅうしょくましん)といいます。一度ワクチン接種をしたことのある人に見られる種類の麻疹ですね。接種してから時間が経ちすぎていたり、ウイルスにさらされることが少ないため、免疫力が低下していると修飾麻疹を発症します。他人にうつるので気をつけてください。この修飾麻疹は、症状が軽いと麻疹かどうか判断しにくいということもあるので、一度抗体検査を受けてみましょう。

麻疹を風邪と間違えないで

 

麻疹の初期症状は風邪の症状ととてもよく似ています。発熱、咳、鼻水…。熱が上がったと思ったら少し下がり、また高熱が出たりします。ちょっと風邪に比べておかしな熱の出方をするのも、麻疹の特徴といえるでしょう。麻疹であれば、もちろん風邪薬を飲んでも効くわけがありません。子供が風邪のような症状だったので病院に連れて行ったら、じつは麻疹だった…なんて話も聞きます。変だなと思ったら、発疹が出る前に受診することをおすすめします。熱の出方以外に、全身のだるさや寒気、腰痛、関節痛、頭痛などの症状が風邪よりも強い点も、「はしか」と風邪を見分ける目安の一つといえますね。なかでも0〜3歳くらいまでの小さな子供は親御さんが日頃からこまめに体調をチェックしてあげることが大切です。「はしか」のくわしい症状については、【麻疹の症状】のページで紹介しているので、そちらをご覧ください。